スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星を追う子ども

ポップコーンの芳醇なかほりこの上なく…
映画館はこうでなくては。

先日、映画「星を追う子ども」を観てきました。

どうもどうも、にっくです。

映画を観にいったのなんて何年ぶりだろう…
基本的に出不精&面倒くさがりなので我ながら珍しい。

さて、映画の話。
以下、ネタバレあります。
ご注意あれ。

まずストーリー。
ちょっとコピペ&公式サイト。

>ある日、父の形見の鉱石ラジオから聴こえてきた不思議な唄。
その唄を忘れられない少女アスナは、地下世界アガルタから
来たという少年シュンに出会う。2人は心を通わせるも、
少年は突然姿を消してしまう。「もう一度あの人に会い
たい」そう願うアスナの前にシュンと瓜二つの少年シンと、
妻との再会を切望しアガルタを探す教師モリサキが現れる。
そこに開かれるアガルタへの扉。3人はそれぞれの想
いを胸に、伝説の地へ旅に出る―。
http://www.hoshi-o-kodomo.jp/top.php


はい、ファンタジーです。


舞台は昭和っぽい日本で神話ネタがいろいろ。

アガルタって何ぞ?「ほしのこえ」のアレ?と思いましたが、日本神話で言う黄泉の国でした。
生きるとか死ぬとか、まぁそんな感じのテーマを扱ってます。

あと主題歌が良い…(しみじみ)

所々に「ジブリを意識しているのかな」感があります。
あえてそうしているのかな??


何だか盛り上がりに欠ける分、いままでのとなんか違うといった印象でしたが
終わってみれば「あぁ、いつもの監督だ」

そんな作品。

…この監督さんの作品では、初恋的なものは大体成就しないんだよなぁ。(後は想像にお任せ的な感じもありますが)


そういえば22日の日曜に立川で舞台挨拶&サイン会があるらしい…
どうしようかな…
なんだかもう一度観たいような、そうでもないような…


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人達のTwitter


プロフィール

鉄(クロガネ)、にっく、テンマル、業務停止郎

Author:鉄(クロガネ)、にっく、テンマル、業務停止郎
イラストメインのはずが気がつけばガンプラや遊戯王、ゲームメインになったブログ
fgにも登録しています。
旧fgのギャラリーはこちら

fgからTINAMIに移転予定
TINAMIはこちら

検索フォーム
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プラモギャラリー
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
メダロット
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。